おすすめ

ミニマリスト必見! シンプルなiPhoneケース THE FROST AIR

こんにちわ、トトです。今日はオススメのiPhoneケースをご紹介します。

それがこちら CASEFINITEのTHE FROST AIR(ザ フロスト エア)です。

 

このケースはこんな人におすすめです。

・iPhoneを軽く使いたい

・iPhoneのデザインを損ないたくない、デザインを楽しみたい

・余計な装飾は必要ない、シンプルに使いたい

こういった人の悩みをズバッと解決してくれるケースです。

「全ての無駄を削ぎ落としたシンプルデザイン」を追求したこのケースの特徴をご紹介します。

特徴1 超極薄、極軽量 〜薄さ0.8mm以下、重さわずか約5g

こちらの写真をごらんください。

どちらがiPhoneのケースをつけているか分かりますか?

答えは2枚目です。

じっと見れば分かりますがパッと見ただけではわかりにくいですよね。それほど、このケースは極薄に作られています。

それもそのはず。なんと薄さ0.8mm以下、重さわずか約5gなのです。(公式サイトでは約8gと表記)

その名の通りまさにAIR。軽すぎて装着してもiPhoneの重さの変化を実感させてくれません。

特徴2 こだわりの触り心地と耐指紋性

トトはiPhone13miniを使用しています。iPhoneは裸の状態だと背面がこのように指紋がベタベタ付きやすい素材なのです。

デザインはカッコいいのにこの指紋の付きやすさが非常に残念です。

しかしこのTHE FROST AIRは素材にポリプロピレンを採用、またつや消し技術によちこだわりの触り心地と耐指紋性を実現しているのです。

実際に装着し触っていても全然指紋は目立ちません。ツヤツヤした触り心地が非常に気持ちいいです。

特徴3 無駄がないミニマリズムデザイン

このケースにはメーカーのブランドロゴが一切ありません。余計な要素を徹底的に取り除いたブランディングフリーデザインを採用しています。

無駄のないデザインは本当に惚れ惚れします。トトはスモークブラックを購入したのですが、背面に薄っすらAppleのロゴが透けており、これがカッコいい!

これらの特徴はiPhoneを最高にシンプルでミニマルに気持ちよく使わせてくれます。

しかしその反面もちろんデメリットもあります。

デメリット1 耐落下性能は低そう

これは超極薄、極軽量とトレードオフですね。落下時の損傷リスクは非常に高いように感じます。

細かいキズからiPhoneを守ってくれる程度と思ったほうが良さそうです。

デメリット2 つや消し技術で滑りやすい → 落としやすい

これも触り心地と耐指紋性によって滑りやすい加工になっているようです。実際ツヤツヤしていて滑ります。

トトはiPhone13miniなので握りやすいですが一回り大きいiPhone13や13proを使っている人には滑りやすく落としやすいかもしれません。

デメリット3 Mag Safe 非対応

このケースはMag Safeに対応していません。薄型ケースなのでくっつくにはくっつきますがすぐに外れてしまいます。

スタンド程度の使い方なら問題ありませんが、リング型等で運用する場合は注意が必要です。

以上3点が実際にトトが使っていて感じたTHE FROST AIRのデメリットです。

商品展開について

さてこのTHE FROST AIRですが公式サイトでお値段2,749円(税込み)です。※2021年12月6日現在

対応しているスマホは

iPhone 13シリーズ、12シリーズ、11シリーズ、X、Xs、XsMax、XR、7、8、SE2020

Google Pixel 4a、4a5G、5、5a5G、6、6Pro

カラー スモークブラック、アイスホワイト

トトはiPhone13mini スモークブラックを購入しました。

結論 THE FROST AIRは最高のiPhoneケース

先程のデメリットはありますがこれらはTHE FROST AIRが持つ特徴のトレードオフです。トトはデメリット以上にこのiPhoneケースはiPhoneを気持ちよく快適に使わせてくれると感じています。

スマホは毎日欠かさず使うものです。毎日触れるものであるからこそちょっとしたこだわりを持って使って行きたいとトトは考えています。

シンプルであるからこそ、最高に使い心地があるとこのケースは感じさせてくれます。

ぜひ、シンプルなiPhoneケースをお探しの方、ご検討ください。

参考になれば嬉しいです。