おすすめ

iPad+Apple Pencilでミニマルなノート術

こんにちわ、トトです。

文房具とノートをどのように整理してますか?たくさんのペンやノートが本棚や引き出しにあったりしませんか?文房具やノートって使うと思って買ってもいまいち使い切れず、増えていく一方という悩みはないでしょうか。

モノが多いとストレスを感じる、ミニマルに暮らしたい、モノを整理したいけどできない。こういった漠然とした悩みを感じることはないですか。僕はよく感じます。昔からモノの管理が苦手で余計なものを購入しては管理しきれなくなり、部屋が散らかり、ストレスを抱えるといった悪循環になっていました。

ペン、マーカー、定規、消しゴム、ノート、手帳、メモ用紙など細いモノで机や引出し、本棚が溢れ整理できず、ストレスを抱えている人へ文房具をiPadとApple Pencilを置き換えることで余計な文房具を処分し劇的に机周りが整理されミニマルに暮らせる方法をご紹介します。

余計な文房具やノートを処分し、スッキリしたミニマル生活を楽しみましょう。

この記事では文房具をiPad、Apple Pencilの他に準備するもの、置き換えることで得られるメリット、デメリットを紹介します。

準備するもの

必須:iPad(Apple Pencil対応)、Apple Pencil、ノートアプリ(Good Notes5推奨)

できれば用意してほしいもの:ペーパーライクフィルム、iPadケース

iPadとApple Pencilを購入する時はiPadがどのApple Pencilに対応しているか注意してください。対応していないApple Pencilを購入してしまうと使えません。

ノートアプリは使用したいアプリで大丈夫です。自身の用途にあったものを選択してください。純正のメモアプリでも書けます。僕はずっとGood Notes5というアプリを使用しています。使いやすくておすすめです。

できればペーパーライクフィルムは貼り付けてください。iPadは画面がきれいですがペンで書き込む際、ツルツル滑り書きづらさがあります。ペーパーライクフィルムを貼ることで実際の紙に書き込んでいるような書き心地に変わります。マットな質感で画面の綺麗さを若干そこないますが、ノートとして使う目的なので書き心地は重要です。

またiPadケースもできれば用意してください。なくてもノートに書き込むことはできますが高価なiPadを持ち運ぶ際に落としたり、カバンの中で他のものに擦れて傷つけるのを避ける為です。

iPad+Apple Pencilに置き換えるメリット

ここからはiPad+Apple Pencilに置き換えるメリットをご紹介します。

ペンはこれ一本

Apple pencilが1本あれば大抵の書き物ができます。各種ノートアプリにはボールペン、マーカー、消しゴムなど様々な機能が用意されていて、全てApple Pencil1本で使えます。雑多なペン類やペンケースが必要なくなり非常にミニマルに書くことができます。

紙の枚数は無制限

実際のノートや紙に何かを書くとき、枚数を気にすることはありませんか。メモであれば数が多くて散らかったり、ノートであれば枚数の制限を気にするなど。iPadではそれらがアプリ内で完結するため、枚数を気にすることなく自由に使えます。書き込むことに躊躇する必要がなく気持ちよくノートを使うことができます。

ゴミが出ない

文房具を使用するとインク切れや消しゴムのカス、芯折れなどでゴミが発生しますよね。Apple Pencilを使うとこれらが出ません。強いていうとApple Pencilのペン先は消耗品なので長期間の使用で摩耗して交換が必要になることくらいです。

修正が簡単

書き間違えや修正をワンタッチで元に戻せるのはデジタルならではです。綺麗に修正できるだけでなく間違いを恐れる必要がありません。思いつくまま記入でき、間違いもすぐに綺麗に修正できます。

洗練されたデザイン

iPadとApple Pencilを使う理由で個人的に最も重要なのは洗練されたデザインであることです。自分が気に入ったデザインのプロダクトを使用することは単純に気持ちが良い。これだけで多少のストレスに寛容になれるし、長く使おうという気分にもなれます。「お気に入り」って感覚は効率やコスパと同等以上の価値があると思います。

iPad+Apple Pencilに置き換えるデメリット

重い

僕が使用しているiPad Pro11インチモデルは重さ466g。ケースを含めて約500gほど。ノート1冊で約130g程度といわれており、約5倍の重さです。持ち運ぼうとするとやはりそれなりにずっしりと重さを感じます。

バッテリー

電子機器であるiPadには当然バッテリーが存在し、切れれば使えない。充電やモバイルバッテリーの使用が必要です。

値段

iPadは高い。シンプルに高い。コスパはいいとはいえない。。。iPad Proは余裕の10万円超え、、、お財布には優しくない。しかしiPadも種類によっては安いものもあり、お財布事情にあったiPadを選択する必要があります。

本体の大きさ

iPad Pro 11インチ は縦247.6 mm、横178.5 mm、厚さ5.9 mm。コンパクトさを求める人には正直向かない大きさです。iPad miniであればコンパクトに活用できるため、そちらを検討してもいいかもしれません。

結論:ミニマルな文房具活用にはiPad+Apple Pencilはベスト

メリット・デメリットはそれぞれありますが僕は総合的に満足しています。ミニマルにノートを使用できる恩恵は生活のストレスを軽減してくれました。今後もノートをどんどん活用していこうと思います。

以上、余計な文房具を処分し、iPad+Apple Pencilを活用したいと考えている人の参考になれば嬉しいです☺