おすすめ

春から看護師になる看護学生必見!新生活に向けて大量の不要な医学書、参考書のオススメ処分方法をご紹介

こんにちわ、トトです。現役看護師として病棟勤務をしています。

看護学生のみなさん、看護師国家試験、保健師国家試験、助産師国家試験お疲れさまでした。とても緊張したのではないでしょうか。春からの新生活まで少しの期間ですがゆっくり羽を伸ばして残りの学生生活を楽しんでください。

さて看護学校を卒業して看護師や保健師、助産師として働く上で多くの人が困ることがあります。

それは大量の医学書、参考書の置き場所です。

看護学校に入学が決まったとき、大量の医学書、参考書を学校指定で購入しましたよね。おそらく10万〜30万円くらいの金額を支払っているのではないでしょうか。

僕の通っていた看護学校では約40万円分の医学書、参考書を購入を指定されました。本棚がいっぱいになり、床にも本を置いていました。

看護学校に入って大量に購入した医学書や参考書ですが「これはもう使わないだろうなぁ」って本ありませんか?

たくさんあるよ。自分の病棟関連の本は使うことあるけど、それ以外は全然使わない

自分が進む分野に関連する本はとっておきたい、けど使わない本は処分したいですよね。

しかし1点問題が、、、医学書や参考書って高価なんですよ。高いお金払って買った本を廃品回収や可燃ごみで捨てるのは気が引けます。だから捨てることができずに家にずっと置いてしまうのです。

本日は不要な大量の医学書、参考書を処分するオススメの方法をご紹介します。医学書の処分に困っている現役の看護師、保健師、助産師の方にもオススメです。

こんな人にオススメ

・不要な医学書、参考書が本棚でいっぱいで困っている、処分したい人

・新生活に向けて引っ越しの荷物を減らしたい人

医学書、専門書の買取サービスを利用しよう

結論、医学書、専門書の買取サービスを利用することがオススメです。僕も大量の医学書を買い取ってもらい部屋をスッキリ片付けることができました。

近所に買取店なんてないよ

大丈夫です。インターネットでの買取サービスを利用しましょう。

ブッ○オフとかの大手買取店じゃだめなの?

大手買取店は漫画等のメジャーなジャンルは高価買取してくれるけど、医学書のようなニッチなジャンルは買取不可、もしくは安価な金額での買取になるケースが多いようです。そしてなにより看護学生の医学書は本棚がいっぱいになるほど大量です。そんな大量の本を書店まで持ち運びたくはないですよね。インターネットでの買取は自宅で申し込み〜買取、入金までできるのでお手軽です。

ここからはインターネットでの買取サービスを利用するメリット、デメリットをご紹介します。



医学書インターネット買取のメリット

申込みが簡単

インターネットで簡単に申し込むことができます。申し込みフォームに必要事項を記入すれば完了です。買取金額を振り込む銀行口座、氏名、住所、電話番号等の基本的な情報を入力するだけです。

僕が昔利用した時はなかったのですが今は買い取った金額をAmazonギフト券やLINE Pay、楽天Edyなどで支払ってくれるサービスもあるようです。現金以外での買取が買取金額が3%程度Upすることもあるようなのでよく使う支払い方法があればそちらを選択するのも有りですね。

自動集荷サービスがある

多くの買取サービスに自動集荷サービスがあります。これは日時を指定すれば宅配業者が荷物を受け取りに自宅まできてくれるサービスです。大量の医学書、参考書をお店に持ち込まなくても良いのは助かりますね。僕は50冊くらい売却しようとしたのですが重くて持ち運べなかったので自動集荷サービスは非常に助かりました。

ダンボールの無料送付がある

家にダンボールがあれば問題ないのですが、なかなか大量の医学書、参考書が入るダンボールって無いですよね。そんな方も安心なのがダンボールの無料送付サービスがある点です。対応可能サイトでは申し込みフォームにダンボールの送付希望の有無を入力する欄があるので必要な方は利用してください。

多少の書き込みがあっても買い取ってくれる

授業で使った医学書ってマーカーで線を引いたり、メモを書き込んだりしてますよね。多少の書き込みであれば程度に応じて減額はありますが買取可能な買取サイトが多いです。ただし、もとの買取価格が低い場合は多少の書き込みでも買取できないこともあるので注意が必要です。申し込みサイトの買取可能な本の条件を確認し、処分したい本が該当するか確認しましょう。

医学書インターネット買取のデメリット

買い取れない医学書がある

上記で多少の書き込みは大丈夫と紹介しましたが全体に書き込みが及んでるものは買取不可になる場合があるようです。また痛みや汚れが酷いものも買取対象外になります。そういったものはあらかじめ可燃ごみや廃品回収で処分してしまうのがいいかもしれません。

また医学書の種類によっては買い取れない本もあります。特に医学書院の系統別看護学講座シリーズは買取対象外になっているケースが多いようです。申し込むサイトで確認する必要があります。

買取〜入金まで時間がかかる

近所の買取店であれば申し込んで査定してそのまま現金を受け取ることができますが、インターネット買取では数日かかってしまいます。急いで処分したい人には向かないのであらかじめ時間に余裕を持って申し込みましょう。

買取金額に大きな期待はできない

これは買い取ってもらう医学書、参考書によるのですが買取金額には大きな期待はしないほうが良いです。医学書、参考書はもとの金額が大きいので買取金額も期待してしまうかもしれませんが、正直ニッチな分野ですので希少性が高い本や人気の本でない限りは高価買取は難しいと思った方が良いでしょう。

しかし、多少でも金額がつくと新しい医学書を購入する資金にあてることもできるので廃品回収や可燃ごみで捨てるよりも良いのではないでしょうか。

まとめ

医学書の買取サービスを利用して新生活に備えよう!

大量の医学書や参考書を買取サービスを利用することで新たな医学書を購入する資金にあてることができます。看護師、保健師、助産師は働き始めてからも日々勉強です。新しい医学書にもお金がかかるので嬉しい収入になります。

またこれまで使った医学書、参考書が後輩の役に立つのも嬉しいですね。

僕が看護学校を卒業したときに利用したサイトやオススメの買取サイトのリンクを貼りますので興味がある方は覗いてみてください。

以上、この記事がお役に立てれば嬉しいです。